おすすめ英会話【空港・手荷物】編〜荷物を預ける・受け取る・紛失した場合

2020年2月12日

空港の手荷物カウンターにて荷物を預けたりする際、荷物の重さや個数、料金はかかるかどうかなどなど、簡単なフレーズで聞いてみましょう。
また、荷物の紛失時にあった場合に対しての簡単フレーズもご用意いたしました。
荷物の紛失したくないけど、万が一の場合もあるので併せて覚えていきましょう٩( ᐛ )و

1. 手荷物は、機内持ち込み用と預ける用の2種類がある

機内に持ち込める用の荷物は、身の回りの品が入った荷物を基本的に持ち込む方が多いですね。
預ける用の荷物は、大きなキャリーバックやスーツケースと言った荷物を預けます。
ちなみに、機内に持ち込み禁止の物もあるので、預ける際は事前にチェックしましょう。

2. 手荷物を預ける

2-1. Where can I check my suitcase?

(スーツケースはどこに預ければ良いですか?)

「Where I can〜」=「〜ができる場所はどこですか?」という意味です。

2-2. How many kilos are allowed for hand baggage?

(手荷物は何キロまで無料ですか?)

「allowed」=「許可された」や「認められた」という意味です。

「How many = (数)」は数えられるものを指します。逆に
「How much = (量)」は数えられないものを指します。

2-3. How much is the charge for extra baggage?

(荷物の超過料金はいくらでしょうか?)

2-4. Can I bring this as carry-on luggage?

(これは手荷物として機内に持ち込めますか?)

2-5. How many bags can I bring on board?

(手荷物は何個まで機内に持ち込めますか?)

3. 手荷物を受け取る

3-1. Where is the baggage claim area?

(手荷物受取所はどこでしょうか?)

「Baggage claim area」 =「手荷物受取所」という意味です。

3-2. At which turntable should I pick up my baggage?

(荷物は何番のターンテーブルから出てきますか?)

3-3. Here is my claim tag.

(手荷物引換証はこれです。)

「Claim tag」= 「手荷物引換証」という意味です。

3-4. Is this baggage conveyor for flight 712?

(これは712便のターンテーブルですか?)

「Conveyor」=「コンベヤー」という意味です。

4. 荷物紛失時のトラブル

荷物を紛失した場合は、誰しもパニックになってしまいます。
落ち着いて状況を把握して、順を追って係りの方に伝えましょう。

4-1. My suitcase didn’t arrive. Can you trace it back?

(私のスーツケースが出てこないです。 どうしたのか調べてください。)

簡単な言い回しだと「 I can’t find my baggage.」でも良いですね。

4-2. My suitcase was damaged.

(私のスーツケースが壊れています。)

4-3. Where is the counter for lost baggage?

(荷物紛失の苦情はどこに申告すれば良いのでしょうか?)

4-4. I was on flight 712.

(712便に乗っていました。)

「Your flight number please.」=「何番で到着されましたか。」と聞かれた場合の返答例です。

4-5. This type, but mine doesn’t have wheels.

(このタイプですが、キャスターはついていないタイプです。)

「What type of suitcase do you have?」=「どのタイプのスーツケースですか。」と聞かれた場合の返答例です。大抵はスーツケースのカタログを見せながら聞いてくれます。

4-6. It is a large orange suitcase.

(大型のオレンジ色のスーツケースです。)

「Can you describe your baggage?」=「荷物の特徴は?」と聞かれた場合の返答例です。

4-7. It has a Cat sticker on it.

(猫のステッカーが貼ってあります。)

4-8. Please contact me immediately when you find it.

(見つかり次第、連絡をください。)

「immediately」=「すぐに」や「直ちに」という意味です。

4-9. Please deliver my baggage to the hotel (at the address).

(荷物はホテルに届けてください。)

ホテルの住所を携帯や紙で見せながら伝えましょう。

まとめ

手荷物を預ける

  • Where can I check my suitcase?(スーツケースはどこに預ければ良いですか?)
  • How many kilos are allowed for hand baggage?(手荷物は何キロまで無料ですか?)
  • How much is the charge for extra baggage?(荷物の超過料金はいくらでしょうか?)
  • Can I bring this as carry-on luggage?(これは手荷物として機内に持ち込めますか?)
  • How many bags can I bring on board?(手荷物は何個まで機内に持ち込めますか?)

手荷物を受け取る

  • Where is the baggage claim area?(手荷物受取所はどこでしょうか?)
  • At which turntable should I pick up my baggage?(荷物は何番のターンテーブルから出てきますか?)
  • Here is my claim tag.(手荷物引換証はこれです。)
  • Is this baggage conveyor for flight 712?(これは712便のターンテーブルですか?)

荷物紛失時のトラブル

  • My suitcase didn’t arrive. Can you trace it back?(私のスーツケースが出てこないです。 どうしたのか調べてください。)
  • My suitcase was damaged.(私のスーツケースが壊れています。)
  • Where is the counter for lost baggage?(荷物紛失の苦情はどこに申告すれば良いのでしょうか?)
  • I was on flight 712.(712便に乗っていました。)
  • This type, but mine doesn’t have wheels.(このタイプですが、キャスターはついていないタイプです。)
  • It is a large pink suitcase.(大型のオレンジ色のスーツケースです。)
  • It has a Cat sticker on it.(猫のステッカーが貼ってあります。)
  • Please contact me immediately when you find it.(見つかり次第、連絡をください。)
  • Please deliver my baggage to the hotel (at the address).(荷物はホテルに届けてください。)

いかがでしたでしょうか^ ^

これで手荷物を預ける・受け取る際には、こちらが聞きたい内容を係りの方に伝えられるかと思います。
また、預ける手荷物は事前に特徴を必ず覚えておくことが大切です(または目印になるようマーカーをつける)。紛失時があった場合でも係りの方に伝えやすく、手荷物が見つかりやすいです。